2015年08月31日

高津投手「22年間の野球人生、幸せ」 万

今季限りでプロ野球選手を引退する新潟アルビレックスBCの高津臣吾選手兼任監督(43)が4日、新潟市内で記者会見し、プロでの22年間の投手生活を「本当に幸せな野球人生だった」と振り返った. 今季はまだ登板していないが、22日に長岡市でのホーム最終戦を引退試合としてマウンドに立つことも明らかにした. 会見で、高津氏は「1991年のヤクルト入団からいろいろなリーグ、チームでたくさんの人に支えてもらった. ファンにも応援いただいた」と述べた. popeagading アシックス シューアシックス ランニングシューズズ メンズ sappwatchset 今季から監督を兼任することになり、選手としては今期限りでの引退を決めていた. 実際に監督を務めてみると、選手への指導・指揮が主な役割となり、今季はこれまで登板機会を見いだせなかった.
posted by EzakiMisako at 14:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。